読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間が人間を差別する理由

差別には、様々なものがあります。

国籍、人種、障害者、性別、等。

ほとんど、生まれながらに備わったもので、

本人には、どうしようもありません。

 

国籍でいえば、蓮舫さん。在日コリアン

人種でいえば、欧米でのアフリカ系やアラブ系の人。

障害者に関しては、ネット上で差別発言が多くみられます。

性別だと、特に年配の方にありがちな、女性に対するもの。

 

国籍、人種、障害者に関する差別の共通点として、

被差別者が少数派であることがあげられます。

そして、差別する側と、される側がはっきり区別できます。

被差別者達を叩いても、被差別者達から反撃される恐れが

数の論理から考えて少ないのです。

 

「あいつらのせいで、俺等は不幸なんだ。」

「あの人たちは、不当に優遇されてます。」

そういって日々のストレスを抱えた人が、

安心して攻撃できる対象を探す。悪者を探す。

 

ある意味仕方のないことかもしれません。

自分の不幸を誰かのせいにして、不満をぶつけないと、

生きていけない人も居るでしょう。

ただ、それでいいとも思いません。

差別される側には、何の責任もないのです。

生まれたときからそうだったのですから。

 

どうすればよりよい世の中になるのか、

それとも、このままの世の中に甘んじるのか、

答えは出ません。