読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい日本語って?ら抜き言葉は、やばい?

本日も当ブログを閲覧頂き有難う御座います。

てか、ぶっちゃけ読んでくれてマジ感謝。

 

冗談はこのくらいで、本題。

ら抜き言葉を使う人が、日本人の過半数に達した事が

話題になっています。

やばいという言葉も、「とても良い」という意味と、

「危ない、とても悪い」という意味とで分かれています。

「正しい日本語の使い方も分からないとは・・・。」

と、嘆いている方も、居るでしょう。

しかし、言語はつまるところ意思疎通の手段なのだから、

通じることが重要だと思います。

 

「られる」という表現は、「可能」を表す場合と、

「尊敬」を表す場合があり、前者が、ら抜き言葉になることで

より、わかりやすくなって良いのではないでしょうか。

「社長は朝食を食べられたがレタスだけは食べれなかった。」

という文も、早晩、抵抗なく受け入れられることでしょう。

ただ、「られる」という表現が尊敬に限定されないと、

文章の読解が難しくなりますね。

 

「やばい」については、人により正反対の意味で

使っているため、意思疎通に齟齬が生じた場合、

事態は深刻になります。

ただ、「やばい」の意味内容は、若者世代では、

いい意味で使われる傾向が強いため、

同世代間のコミュニケーションにおいては、

さほど問題なく、それ故、いい意味の「やばい」も

定着してきたのでしょう。

「最近の若い者は、日本語の使い方も知らないとは。」

と、お嘆きの方。(さっきも書いた気がする)

言葉は時代とともに移ろいゆくものです。

「吾輩」も「そなた」も「つごもり」も、

日常生活で使われることはなくなりました。

故に、日本語の移り変わりを、

面白がって見守ってみてはいかがでしょうか?