読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリア停戦中に国連職員襲撃される

シリアは現在停戦中であり、これまで

国内に園児物資が届けられてきた。

しかし、今回空爆によって、

国連の援助物資を乗せたトラック18台が破壊され、

20名の死者がでた。

加害者がどの勢力なのかは不明。

しかし、空爆という手口から考えて、

シリア軍によるものではないかと私は見ている。

 

人助けをしようと、危険な任務に就いた人が

死んだのだ。私は少し心を痛めている。

「少し」である。すぐに痛みを忘れるだろう。

たぶん、それでいいのだと思う。

心痛がシリア情勢を好転させるわけでもないし、

死んだ人が生きかえるわけでもない。

感情移入しすぎないことは、情勢を

客観的に見ることに優位に働くだろう。

 

死というものは、身近であるほど心痛を与え、

遠くの名前も知らない誰かの死であれば、

何千何万死のうとも、どうということはない。

それは自然なことで、責められるものでもない。

 

飼っていた犬の死が最大の心痛だという事もある。

 

そういう現状を分かっているし、

仕方ないことだとも思う。

ただ、もう少し関心を持ってくれればよいと思う。