読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラリンピックと感動と差別

障害者について、本音で語り合う機会があるでしょうか?

多分、親しい友人とは、その話題を避けるし、

ネット上で本音を言うと炎上するでしょう。

何故かといえば、障害者に対して、

本音レベルで肯定的感情と、否定的感情を

持つ人が分かれていて、それが露呈するからです。

肯定的なそれは何か?

障害を持ちながら、健気に、頑張って生きている。

否定的なそれは何か?

何となく気持ち悪い。

 

パラリンピック障害者スポーツの祭典です。

オリンピックとは別に、パラリンピックを開催することの

背景には、障害者と健常者は違うという、差別意識が、

あるからだと思います。

装具をつけることで、記録が向上する協議は別として、

ボッチャなんかは、健常者と障害者が対等に戦えるし、

車いすバスケなどは、健常者が車いすに乗って

プレイすることも可能ですから、

一緒に協議に参加すればいいわけです。

 

パラリンピックについて、本音で語ることは、

避けたほうが賢明でしょう。

要らぬ衝突を産む可能性があるからです。