読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高畑裕太とメディア

ワイドショーのゲス加減には、軽蔑の念しかないので、あえて

書きませんが、ニュース番組に関しても問題があると思ったので、

そのことを書きます。

 

殆どの人が知ってると思いますが、

高畑裕太氏は俳優で、女性を強姦しました。

で、このほど、示談が成立し、不起訴に。

 

この一連の事件、高畑氏個人の資質の問題として、

扱うのではなく、強姦の問題として大枠で捉え、

さらに広げるなら、女性差別、女性蔑視として、

日本の男性の意識の根底にあるものをえぐっていく

必要があるのではないでしょうか?

 

私は、主要新聞を五紙とるような、情報収集家ではないので、

限られたメディアからの情報ついて述べることを、

予め断っておきますが、

この件に関連し、強姦について考察したメディアは、

少数ではないでしょうか。

多くは、「人気俳優、二世タレントのスキャンダル」

程度の扱いです。

 

メディアはもっと、被害にあった女性が、報復を恐れて、

もしくは、裁判の場で生々しい状況を語らねばならないことに

強烈な忌避感を抱いて、「示談」に至ること、に

想像力を巡らせる必要があると思います。

「どうせカネ目当てだ」などという、下衆の勘ぐりを

視聴者に広めないために、メディアは興味本位の報道ではなく、

市民の意識調査、社会に埋もれた問題の考察、追跡取材を行い、

社会をよりよくするための報道を行って頂きたい。