読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9・11アメリカ同時多発テロ

日本時間10時過ぎ頃だったでしょうか。

ニュースを見ようとテレビをつけると、

高層ビルに飛行機が突っ込む映像が

繰り返し流されていて、

キャスターの久米さんの実況を聞いて、

これは、大変なことが起こっていると思ったのを

覚えています。

 

当時のブッシュさんは、

首謀者ビンラディンの引き渡しをタリバン

求めますが拒否され、「テロとの戦い」と称し、

アフガニスタンに侵攻しました。

 

当時、ブッシュ政権の支持率は急上昇し、

反戦を叫ぶ声は、潰され、

国家を全体主義が覆っていました。

ジョン・レノンのイマジンを流したラジオ局に、

講義が殺到したのが、その例です。

 

国家が危機的な状況になり、

国民の結束が必要だと多くの人が認識すれば、

大抵の場合、全体主義が蔓延します。

太平洋戦争時の日本でもそうでした。

 

9・11から学ぶべきことは多いと思うのですが、

日本では、歴史の教科書の1ページになりつつあるようです。

あの退屈で受験の役に立たない現代史の1ページに。

 

おそらく、歴史は繰り返します。

今だってシリアでは戦争をしています。

世界平和を願わずにはいられませんが、

有史以来、戦争や紛争がなかった時代はないので、

願いはかなわないでしょう。

 

愚痴っぽくなって、ごめんなさい。

でも、これが現実です。